FC2ブログ

【分類】 図書館戦争の舞台・エリア別分類

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有川映像作品&役者さん

■相島さんについて。

ご本人のブログ「相島一之のBLUESな日々」を参照。
風の谷のナウシカ」(2011-07-19)より、ナウシカ、特にユパがお好きとの相島さん。そうなんだ・・・w
図書館戦争」(2012-11-22)・・・この記事を拝見した当時、何役だろう?と思いました(その後図書戦の野木亜紀子さんが良化隊だと呟いた後「ネタバレ?まずい?」と言ってたような)。良化隊の隊長だとは思わなかったなあ。寄せられたコメントも熱いものが。
改めて写真を見てみたらこれ北九州市立美術館の本館、エスカレーター/階段上がってった先から行けるデッキ部分ですね、たぶん。背景にコンテナ積んでた建物が見えるので、大体矢印の辺りに立って撮影されたんでしょう。時期的にも小田原攻防戦の撮影中だったのね~と。

201301_美術館_相島さん

あと、県庁の撮影を先に終えてたんですね。公開が後だから撮影も何となく後だと思ってた。
その後「映画でもいかが?」(2013-04-30)で「もちろん敵役」って(笑)

≫ more

スポンサーサイト

| ドラマ関連 | 06時15分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三匹のおっさんロケ地

テレビ東京系列で年明けから「三匹のおっさん」放送中ですね。毎週楽しみにしています・・・が映らない場所も結構あるようで。
子供の頃は民放2チャンネルで「いいとも」は3~4時間遅れ、バラエティ番組は2週間遅れでいつも「懸賞応募は既に〆切っています」ってテロップが出るような地域に住んでたので気持ちはちょっと分かる・・・、いやあの当時ネット無かったから他の地域がどうなんだとか分かんなかったし、そういうもんだと思っていればそういうもんだったからなあ。今の方が情報入手できる分映らない悲しさは増しますよね・・・。

全く情報追って無かった三匹のおっさん、激しいネタバレにはならない話+諸々。
「三匹のおっさん」って手元に無いのですが、どこか特定の地域の話でしたっけ?
特定地域ではなかった気がするんですがどうでしたっけ。

ドラマの主なロケ地は東京都板橋区「ときわ台駅」南口商店街なんだそうです。
『三匹のおっさん』のロケ 北大路欣也の行動が紳士的と評判

≫ more

| ドラマ関連 | 07時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野木亜紀子さん

図書館戦争と空飛ぶ広報室の脚本・野木亜紀子さんについて。

色んな取材記事で有川先生は「小説は小説で一番映える書き方をしてる。そのままドラマや映画にしても面白いものにならない」といった事を言われてますが、野木さんは原作の流れを掴み壊さず、エピソードや設定を削ぎ落とす思い切りの良さと、違和感無くオリジナルで追加する力を持つ方で、結果映画は映画の、TVドラマはTVドラマの、それぞれのメディアに映える作品・ストーリーだったなと思いました。
削ぎ落とされて残念に思ったシーン図書戦の方はありましたが。クマ殺しなんかは見てみたかったw

去夏偶然有川先生にお会いできた際、実写図書館戦争について「脚本を読ませて貰ったんですが、良かったです。安心して待ってて下さい」といった趣旨の事を話されてました。「大丈夫」とも言ってたかな。
あの時はまだ実写化の発表からそれほど時間が経ってなく、特に原作ファンの間で賛否両論意見が聞かれてた頃だったと思います。公開された映画を観て、待ってて良かったなと思いました。

「お若いですけれども、『あと2年もしたら順番が取れなくなっちゃうだろうな!』」(ダ・ヴィンチ2013年5月号、有川先生発言)という野木さん。広報室が完了して改めて関心を持ったのですが、Wikipediaを見るも野木さん自身のページはまだ無いΣ(゚Д゚)
インタビューと言えばネットでは広報室の座談会記事くらいか。これまでの脚本はTVが4本、映画は1本。2010年デビューになるのかな(allcinemaデータベース)。まさにこれからの方なんですね。

日々のTwitterを拝見しつつ、これから書かれる脚本を楽しみにしています。

| ドラマ関連 | 13時52分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空飛ぶ広報室 最終回(&拍手お返事)

TV付けたらちょうどSASUKEの番宣やってて何故か「革命のつばさ」の曲が。画面と合ってるけど違和感^^;

「空飛ぶ広報室」本日最終回ですね。終わってしまうと思うとちょっと寂しい。
脚本の野木亜紀子さん、最初図書戦の脚本家の方と聞いてフォローしたのですが、空飛ぶの方でも色んなつぶやきを拝見出来て楽しかったです。⇒野木亜紀子(nog_ak)
「続編はない」とつぶやかれていましたが、オリジナル脚本のスペシャル番組は一番可能性あるんじゃないかなと勝手に期待。

ドラマを思い返しててふと松島にブルーインパルスが帰還した日にもきょもきょ書いてたのを思い出しました。有川先生とリアル広報室の関わりなどリンク貼ってます。参考まで。

以下お返事です。

≫ more

| ドラマ関連 | 16時27分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コメントお礼&「空飛ぶ広報室」→有川作品+航空自衛隊公式サイト

コメントお礼から。

>> 藤さま
初めまして。コメントありがとうございました。
こ、考察…って言うほどのモノはどこにも…!(真面目に考察されてる方々に色々申し訳ないような気が…!)
図書戦の試写会、随分沢山行われるんですね。「空飛ぶ広報室」楽しみですね。


広報室については、実はコメントいただいた時には「ああ、これからやりますよねぇ」位だったんです関心度合いが。
でもコメントいただいてから気になり始めまして。で、我慢できずに原作読了。今回は原作の先入観無しにドラマ見ようと思ってたのですが、よく考えると私テレビ普段殆ど見ませんで…フツーにしてたら見逃しそうだし。昨日放送のオールスター感謝祭も気付いたら終わってたし(「空飛ぶ」と「図書戦」チームが出てたみたいですね)
原作人気の程は流石で夏に出版された時点で最寄りの図書館で予約して130人待ち。つい先日旦那が借りて来て本棚に数日鎮座しておりまして、とお膳立ては整ってて。手を出す決め手になったのが予告記事。昨日赤坂のTBS(春サカス)で貰って来たフリー誌。(→実写版図書戦の展示物目当てで行って来た)

201303_TBS_01.jpg

LaBoo(ラ・ヴ)No.27 2013年春 第27号 2013年3月28日発行 発行人:高綱康裕 発行:TBSテレビ 宣伝部 P.2-3

以下お話的ネタバレは無いつもりですが、役柄と人物相関の触りについての記述部分がありますので余計な情報入れずにまっさらで見たい・読みたい方は該当箇所読み飛ばして下さいませ。

≫ more

| ドラマ関連 | 22時08分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。