PREV | PAGE-SELECT | NEXT

【分類】 図書館戦争の舞台・エリア別分類

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国会図書館見学

ブログに載せる前にTwitterでも呟いてる事も多いので、宜しければ⇒Twitterもご確認くださいませ。

問題無い範囲で載せてOKとの承諾を頂いたので、国会図書館見学について軽くまとめてみました。
そのうち別館の方で・・・(遠い目)。ちなみに別館とこっちの相違点は割と真面目か全くそうでないかです。

今回参加したのは国会図書館一般参観でした。
国会図書館の書架は大半が閉架式になってます。本館と新館とあるのですが、書庫の見学をしたのは新館の方。地下書庫です。本館の方は頭打つほど天井が低いんだそうで。
地下書庫って響きだけでウキウキする人の多くは清く正しい図書戦病です(きっぱり)。
地下の深さは8階までありました。ちなみに関東図書基地の地下書庫は十数階層に及ぶとあります(文庫戦争P.43)

201404_kokkailib_003.jpg 201404_kokkailib_001.jpg 201404_kokkailib_002.jpg

素人目に見て書架は大きく分けて2種類、1枚目のようにオープンになってるタイプと2枚目のように自動で開閉できるタイプ。3枚目のが開閉用ボタン。ここで「正論は正しい。だが―」とか脳内に流れた人は実写版スキーと判断。

201404_kokkailib_005.jpg 201404_kokkailib_004.jpg 201404_kokkailib_006.jpg

保管されているものは一般書籍のみならず地方新聞から雑誌、時刻表、映像や音楽資料まで多岐に渡ります。
元より館内からの借り出しNGですが、その館内でも全ての資料を閲覧出来る訳では無く。

閉架書庫から図書を借りて読む為の大雑把な流れとしてはこんな感じ。
1.地上の受付カウンターで資料希望を出し、受付を経て地下にリクエストが入る。
2.保管している分野が分かれている各階で、リクエストを受けたら担当スタッフの方が指定の資料を本棚から探し出し(=人力です)、担当スタッフの方が運搬用のカート(って呼んでいいのかな)を利用したりして移動。
3.運搬用のカゴ(青色)の中に入れて地上へ移動させる・・・という流れのようです。

萌えるね。

*

ちなみに撮影許可を頂いたのは地下書庫のみでしたが、地上関係者エリア(通常は一般利用者が通れない場所)を通りかかかった際にデザインや室名等々は異なりますが、頭上に↓のような案内板があって。

201404_annnai_01.png

ええ、アホウと呼ばれようと案内板にも萌えました。

あと本館にある受付カウンターやなども参考にしてるんだなと。カウンターの形状だとか。
(他にもあったと思うけど思い出せず…)

201404_counter_01.png

*

その他、見学ツアー後に質疑応答の時間がありまして。参加者は我々図書戦好きメンバーしかいなかった事から、思い切って(空気を読まずに)アニメ版「図書館戦争」ロケハンについてお伺いしてみました。

取材受付は広報で行っているが、実際の案内は今回と同じ部門(=利用者サービス部)で実施。
今回案内していただいた内容と同内容の見学ツアーを行った。・・・とのことでした。
というか図書館戦争っていうタイトルを口にした際に「ああ」と相槌を打たれたのでその一言で何か全て理解されてしまったかもしれません…

ちなみにTVアニメ版図書戦のDVDブックレットでは、航空自衛隊入間基地の他に国会図書館へロケハンしたとあり。

P.19 国会図書館は地下奥底まで書庫があって、秘密基地のようでしたね。建物の構造などよりも、本を送り出すための機械や移動式書架などを実際に見れたことがとても参考になりました。本当にたくさんの本があって、ここに数週間くらいいたいなと思いました(笑)


TVアニメ版は2008年4月から放映。という事は恐らく見学(ロケハン)は前年の2007年辺りでしょうか。

その当時より確実に蔵書は増えている筈で、実際、原則どんな資料も廃棄せず保管する方針故に保管場所の確保は大きな課題だそうです。
何はともあれ、TVアニメ版と、TVアニメ版を引き継いでいる劇場版で国会図書館がどのように生かされて描かれてるかを確認せねばと心から思った次第です←
関連記事

| 図書館戦争:原作/アニメ | 08時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。