PREV | PAGE-SELECT | NEXT

【分類】 図書館戦争の舞台・エリア別分類

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近況・雑記

一つの選択をすると相応の対価を求められるもの。
人生なかなか予定通りにはいかないものですねー。
落ち込みそうになったところを色々な人に様々な機会に助けて貰ってありがたいなと思います。自分は何が返せるかな、と………今は原稿と企画だな。あと色々準備。

さておき巡礼派の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。
先日水戸に行って参りました。図書戦巡礼。幸せでした。
最近キャラクターより設定、背景となる地名や建物、行っちゃった先には無機物にも愛を感じ始めて際限ないわーと思う今日この頃です。ちなみにまだレポ下書きの中です……。

前回ちょろっと二次創作について書きました。
勇気ある!というコメントを頂いておぉそうなのか、と思ったのですがこの辺境サイト、かつ創作しないし言えることなのかなとか、普通の「創作好きな人」とベクトルが違ってて明後日の方向(舞台やロケ地)を見つめてるせいかもしれません。
似たようなまたちょっと別の話を少し。

# 誰かに喧嘩売ってる訳じゃありませんので…!最後に書いてる通りです。
例えば「原作準拠が好き」という人がいたとして。どんなに原作好きと言っても、あくまで自分の中で原作から受け取って形成されたキャラクターなんだよなー、と思います。原作を読んだ人の数だけキャラクターが存在してどれひとつ同じものは無いんだろうなと。

物事は何でもそうですが、腕がいい/残念ながらそうでもない、センスがある/無いという事はありますが、創作は趣味の世界です。上手い下手は関係無く好きなものは好き、ということも存分にあります。
あとは好みの問題だと思います。自分が好きと思うかそうでないと思うか。
作品をどう感じるかはその人次第です。他人と感想や想いを共有し合うのも楽しいものです。人それぞれ違うからこそ想いが重なった時の嬉しさも。ネット上で書き込むことは直接口にしても問題無いと思えることを書け、という考え方もありますが、少なくとも匿名でどこまでも広がるネット上では「それは無い」否定だけはしたくないものだな、と思います。
誹謗中傷・パクリ、そういったものはまた別で(判別が難しかったりといった問題もありますが)好き、というだけでは済まない事もままあります。
ただ、画面の向こう側、手にした本の書き手、そこには生身の相手がいるということを忘れずにおきたいです。

こんなことを思うのは過去に「このキャラクターはこういうものだ」「それは違う」と人に押し付けて失敗した経験が自分にあって、そういう自分がこのところ自身の手で何かを作ることを始めたからなんだな、と思います。
何かを作った時、見る人の感想はそれぞれ、でも否定されたくはない、できることなら楽しいと思う人がいて欲しい…とやっぱり思うものですよね。

というただの所感でした。
関連記事

| 日々徒然・お返事 | 15時11分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。